ダンボール!Wrap up with 段ボール!

段ボール

段ボール

波形に成形した中芯(なかしん)原紙の片面または両面に段ボール用ライナーを張ったもの。片面、両面、複両面、複々両面の各段ボールなどがあり、また段の種類には段数によってA、B、CおよびE段などがある。組み立てて各種段ボール箱などに用いる。用途により個装、内装および外装用の段ボールなどに分類される。

段ボールは1870年アメリカとドイツで発明された。これは波状鉄板やクリーニングで用いるしわ付けロールにヒントを得たのだといわれている。日本では約40年下って1909年(明治42)割れやすい電球の包装材料を求めていた三成社(レンゴーの前身)の井上貞治郎および吉田栄吉(豊進社)が輸入段ボールにヒントを得、手廻しロールで波型紙をつくり平らな紙に糊(のり)付けするのに苦心しながら製作したのが始まりという。

段ボールの中芯用原紙は強度の順にA、BおよびCの三階級に分かれ、いずれも坪(つぼ)量125グラム/平方メートルの板紙に抄(す)かれる。かつて中芯用原紙としては、〔1〕中性亜硫酸セミケミカル法で木材チップから得られたパルプを主原料とした強度の強いパルプ芯、〔2〕藁(わら)パルプと古紙の再生パルプを主原料とする黄芯、〔3〕古紙の再生パルプから得られる特芯が規定されていたが、現在では3種は統合され、性能(強度)で分類される。一般にチップ芯は長網(ながあみ)抄紙機で抄かれ、他は円網(まるあみ)抄紙機で抄かれる。

段ボール用ライナーも強度の順にA、BおよびCに分けられ、用途別に外装用ライナーと内装用ライナーおよびその他ライナーがあり、外装用ライナーはとくに大きな強さが求められる。段ボール用ライナーの厚みは坪量180~340グラム/平方メートルで、中芯原紙に比べるとはるかに厚く、また強度も圧縮強さが同等である以外は、いずれもより大きな強さが要求される。未晒(みさらし)クラフトパルプのみで抄紙したものをパルプライナーとよび、強度が強い。また、未晒クラフトパルプと古紙の再生パルプとを原料として抄紙したものをジュートライナーとよぶ。通常、前者は長網抄紙機またはインバーフォームマシンで抄紙し、後者は円網抄紙機またはインバーフォームマシンで抄紙する。段ボールのA、B、CおよびE段は段数を規定するが、その順序は一部不同で、30センチメートル当りA段は34段、B段は50段、C段は40段で、E段は94段が標準段数である。なお個装用の段ボールはおもに使用者の手元に渡る最小単位の物品を包装するための段ボール箱に、外装用ダンボールはおもに輸送用に用いる段ボール箱に、内装用の段ボールは個装をまとめ、それを保護するのに用いる段ボール箱用に、それぞれ用いられる。

第二次世界大戦後、木材とくに針葉樹資源の枯渇による箱材の不足と、産業界からの包装の合理化の要請により段ボール箱の普及は著しく、輸送用の箱は木箱にとってかわった。そのほか空き箱の再利用や使えなくなった箱からのパルプおよび紙の再生が可能なことなどから、段ボールとその原紙の生産の伸びは経済成長に支えられ目覚ましいものがあった。

歴史

ダンボールは1856年にイギリスで、シルクハットの通風用、汗取り用として使用されたことが発祥とされています。現在のようなダンボールは1800年代の末アメリカで考案されました。日本で、ボール紙に多くの段をつけることに成功したのは1909年のこと。製造者である井上貞治郎氏によって「ダン(段)ボール」と命名され、商品として売り出されました。そして、戦後の高度成長後、ダンボールの需要は目覚ましい勢いで拡大し、それまでの木箱に替わって物流保護ケースの主流となりました。

段ボールシート

狭義で、本来の意味である段ボールはこれのことを指す。様々な段ボール製品の素材。ライナーにフルーテッド(波型に加工)した中芯を貼り付け、さらに裏側にライナーで補強したシート(板状のもの)。

中芯の山の密度を指すフルートには、Aフルート・Bフルート・Cフルート・Eフルート・Fフルート・Gフルートまでが現在使用されており、Gに近づくほど細かい波形となる(CフルートだけはAとBの中間の厚み)。

一般に使用されるのは、Aフルート、Bフルート、E/F/Gフルート(マイクロフルート)である。また、表にBフルート裏にAフルートを貼り合わせたシートはBAフルート・ABフルートまたはWフルートと呼ばれる。段ボールシートの用途は一般的に製函用途が多いが、緩衝材やコンクリートパネルなどにも使用される。輸出梱包にはAAAフルート(トリプルウォール等)、AAフルート(バイウォール等)など特殊な段ボールが木箱や鉄枠のかわりに使用されることがある。

Wフルートについては、BCフルート、BBフルート、EBフルートもまたWフルートであり、これらBC・BB・EBフルートは日本国内では使用量も少なく、取り扱う企業も少ない。

近年、AフルートからCフルートへの変更を勧める企業が見受けられるが、薄くなるため強度的には若干落ちる。しかし、海外工場(中国工場等)との包装設計の共有化を進める場合には、効果がある。

段ボール箱

段ボール箱は、段ボールシートを素材とする箱である。軽さと強度、構造に由来する衝撃吸収性、何度も折りたたんでは組み立てられる利便性などから、宅配便、引越し等の運輸業、または貯蔵の分野で、従来の木箱に取って代わるようになった。通常折りたたむと一枚の平坦な板状になる。日常的に「段ボール」という言葉を使う場合、この段ボール箱を指すことが多い。

蓋を折り込むことで段ボール箱だけでも組み立てられるが、ガムテープ、クラフトテープ、OPPテープなどの粘着テープを使うことが多い。機械などの重量物を入れる場合は、接着剤や両面テープを使い、さらに金具またはバンドで固定する。

A式(A形)・B式(B形)・C式(C形)などの形状がある。最も普及しているのはA式(A形)と呼ばれる形状で、箱の上下に開閉可能な蓋がついている(俗に言う蜜柑箱)。JISのコード番号で箱の形式をいう場合もあるが、実務ではあまり使用されていない(JISZ1507)。

段ボール箱の応用で、内側にポリエチレンなどの合成樹脂で作った袋を取り付け、液体包装に用いる容器も製造されている(バッグ・イン・カートン、バッグ・イン・ボックス)。

シートの製造方法

段ボールはコルゲータ(コルゲートマシン)を通して製造される。コルゲータはシングルフェーサ・ダブルバッカー・カッターによって構成される。また、ライナーと中芯を接着するための製糊装置、さらに糊を溶かすための熱を発生させるためにボイラが必要である。完成された段ボールは、プリスロ(プリンタースロッタ)によって印刷され、グルア(糊付機)またはステッチャ(段ボールを平線(針金)で接合する機械)によって段ボール箱へと加工されてゆく。箱の形状によってはダイカッタ(型抜機)によって型抜きして加工される。加工されて不要になった部分は裁ち落とし(裁落)として回収され、再び段ボール原紙として利用される。

段ボール原紙

段原紙ともいう。段ボール原紙はライナーと中芯(なかしん)に大別される。両方とも最初はロール紙の形をとっており、それをコルゲータにかけることによって両者を貼り合わせ、段ボールとなる。

中国広東省東莞市には、多くの段ボール原紙工場が集中しており、世界有数の産地となっている。ナイン・ドラゴンズ・ペーパー(玖龍紙業)、リー&マン・ペーパー(理文造紙)等。

ライナー

ライナー(liner)とは、段ボールの外側を形成する紙のことをいう。ライナーは多層抄きの板紙で、通常4層抄きである。

原料は主に古紙・クラフトパルプを用いるが、日本では古紙を使用することが多い。別抄きのグレード等例外はあるが、Kライナー(クラフトライナー)は古紙50%以上、Cライナー(ジュートライナー)は古紙90%以上を使用する。また、輸入原紙にはこれは当て嵌まらない。主にK7・K6・K5・C6・C5・D4・D3の種類があり、K7が最も硬く、D3が最も柔らかい。なお、C6・D3は需要が少ないため使用されなくなりつつある。C6はK5で、D3は普通芯で代用する。また、表面に漂白パルプを流したもの(OPB6・OPC5)、撥水・耐水原紙、純白、赤、黄色、木目調などの色ライナー、プレプリント原紙など多種多様である。OPB6はOysterPearlB級6(匁)、OPC5はOysterPearlC級5(匁)の略。乳白色をしているので、こう呼ばれている。

坪量(米坪)は120gsmから469gsm程度まで幅広い(輸入原紙を含む)。K7等の表記に関しては段ボール業界の慣習的表記であり、正式な包装設計図面等にはK280またはK280gと表記されることが多い。Kライナーには各種グレードが存在し、原紙単位の数量の発注が可能であれば、グレード及びgsm単位で原紙を指定して製紙会社にライナー・中芯原紙を抄造してもらうことも可能である(色ライナー、プレプリントも可)。ライナーには、強度が求められるため、ポリアクリルアミドや変性でん粉などの紙力増強剤が添加され、また、吸湿防止のためのサイズ剤が使用されることもある。必要に応じて、撥水剤が塗布されることもある。

また、D3の下のグレードとして、普通芯を段ボールシートの表裏に貼合する場合がある。通常、撥水・耐水原紙を使用する場合、ライナーに限らず中芯及び貼合用糊、グルア用糊、印刷インキも撥水・耐水用が使用される。

中芯

中芯とは段ボールの内側、つまり波状部分を形成する紙である。中芯は多層抄きの板紙で、通常4層抄きである。原料は主に古紙を使用する。

V20・V19・V18・V16・V12・S18・S16・S14・S13・S12・S11・S10の種類があり、V20が最も硬くS10が最も柔らかい。なお、Vと付く種類の紙は紙力増強剤を使用してより強度が上げられている強化芯である。一般的に「普通芯」あるいは「中芯表示は無表記・Sのみ表記」の場合は、S12(scp115gsm~scp125gsm)が使用されている。

ライナーほど種類は多くないが耐水性を向上させたものなどがある。S16等の表記もまたライナー表記と同様に業界の慣習的表記であり、それぞれの企業によって異なる。例えば、強化芯180gsm(kscp180gsm)の場合V18・HP18・P18・MM18・HP8・P8・M8等表記し、各企業によってまちまちである。

段ボール製品

包装、保管容器としての段ボール箱の利用がもっとも一般的である。また、ピザなど、ファーストフードのパッケージなどにも使用される。書籍などを夾んで、封筒状にして用いる包装材料もある。変わったものでは段ボール製の葬儀用祭壇・棺桶があるが、日本国内ではあまり使用されていない。

段ボールシートを加工し、家具・ノートなどの文具などに使用する例もある。地震などの避難所で、衝立や小部屋状に組み立てて使う例もある。災害用簡易トイレも作られている。波打った断面部を表面にすることで吸音・遮音性もある程度あり、手作りの防音部屋用の素材としても使える。

段ボールシートを加工し、自作パソコンのケースとして販売されている製品もある。

プラスチック段ボール

通称「プラダン(プラ段)」または「ダンプラ(段プラ)」と呼ばれる、プラスチック(主にポリプロピレン)製の段ボールに類似した中空構造のシート。

紙でできた段ボール板に比べて耐水性、耐久性に勝るので、強度が必要な用途や、長期利用もしくは再利用を前提としたケース類などに使用される。不織布や高発泡ポリエチレンシートを貼ったプラダンや、黒色の導電性プラダン(静電気に弱い精密電子部品の輸送用)もある。

プラダンの場合、輸送箱として使われるだけではなく、建設業や引越し業で使用される養生シートとしての使用も多い。寸法は通常の段ボールシートとは幅と長さ(流れ)が逆になる。

プラダンは材料にポリプロピレンを使用しているため、加工には専用の接着剤を使用する。あるいは、専用の熱溶着機を使用して、接合及び組上げを行う。これが、最近の主流となっている。印刷する場合のインクも特殊なものを使用する。

強化段ボール何らかの手段によって、在来、通常の段ボールよりも高い強度を持つように造られた段ボール。この名称はさらに、下記の通り複数の意味で使われる。

通常の段ボールを二重もしくは三重構造にし、また耐水性を持たせた段ボールのこと。通常の段ボールの約10倍の強度を持つといわれ、木材梱包の代替資材として物流に使用される。また、焼却や断裁による速やかな廃棄を前提とした簡易家具類等にも活用されている。

メディアミックス作品『ダンボール戦機』シリーズに登場する、未来世界の架空の梱包資材「強化ダンボール」。

段ボールの材質

ダンボールの箱に規格品は無く、それぞれ材質と形状は完全なオリジナルになります。材質に関しては下の簡単な3つの名称さえ覚えていただければ、どこの段ボール屋さんに頼んでも通用しますので、是非読んで下さい。

板を側面から見た形状と使われる紙で次のようにそれぞれ種類があります。

 材質の名称1 フルート

 材質の名称2 ライナー

 材質の名称3 中芯

以下にてそれぞれご説明させていただきます。

1.フルート

約5mmの厚さ・・・

(Aフルート) 通常、外装箱用途の段ボールに最もよく使われる材質です。

約3mmの厚さ・・・

(Bフルート) 小さい箱や内容物が軽い箱、そして印刷をきれいにのせたい段ボール箱に良く使われる材質。

約8mmの厚さ・・・

(Wフルート) 文字通りAとBを重ねた材質で、重量物などの箱に多く使われる段ボールの材質です。

2.ライナー (下にいくほど強い紙です。)

C5

C6

K5

K6

段ボールを横から見たときにナミナミした模様を表と裏から挟んでいる紙の部分をライナーと呼びます。

Cは古紙が多く含まれ、Kはバージンパルプが多く含まれた材質です。5・6は昔のモンメの名残で実は重さを示しています。本当はC200gなどと表現するのが正しい材質の表記ですが、業界内では昔からの慣習で5・6で通ってしまってます。

3.中芯 (下にいくほど硬い芯です。)

160g

180g

180g強化

200g強化

段ボールを横から見たときにナミナミした模様に見える部分の材質を中芯と呼んでいます。

通常は中芯を120gにした材質を用います。

箱のコシを強めたい場合、160・180gと強度のある紙を材質の中芯に使います。

激速ダンボールで使っているK6*180g・Aフルートという材質は、当社ではストックフォームなどの重量物の箱としてよく出荷されるダンボールの材質です。

また例えばプラスチックの成型品など軽いものはC5・Aフルートという材質。機械などの金属製のものはK5・Wフルート。小さい小物はK5・Bフルートという材質で綺麗な印刷などを入れた箱が多いです。

しかし、この辺の強度に対するダンボールの材質の選定はとても難しく、扱われ方や中身の特性を考え出すと、とても頭を悩ますところです。

材質を・・・もっと詳しく

1.フルート

前述の3種類以外の材質で、Bフルートよりも薄いEフルートや、F・Gフルートと呼ばれる材質など、とても薄い材質が最近作られてきています。

これらはマイクロフルートと総称される材質で、各フルートでその材質の金額や入手条件(最低ロットや納期など)が変わってきます。

また各フルートは下記のような規定によって細かくその段が決められています。

フルート 段山数 段高 段繰率

A 34±2/30cm 4.6~4.79 1.53~1.613

B 50±2/30cm 2.49~2.8 1.35~1.468

※段繰率は上下のライナーに対する中芯の長さだと思ってください。Aフルートならライナーが1mに対し、中芯を約1.6m使ってナミナミにうねらせてるということです。

この他に板状でなければ片面段ボールという種類もあります。

2.ライナー

実際にはD4・C5・C6・K5・K6・K7と6種類の材質がありますがD4とC6は現在殆ど出回っておりません。

Cは古紙が多いと書きましたが、Dは殆ど古紙だと思っていただければと思います。

K7は実は普通に出回っておりますが、少なすぎると手に入らない材質でもあり、別途ご相談いただければと思います。

また、ダンボールの表面に色をつけた色ライナーという材質もあります。

白は汎用性があるため、普通に手に入りますが、それ以外の色ライナーはある程度数量が必要になります。

逆に数量さえあれば、木目だろうが、金色だろうが、何とかなります。

また機能性を持たせたものも様々あり、たとえば撥水加工を施した材質などがあります。

隠れた功労者!ダンボール!